ドイツ大学に進学するべき6つの理由

ドイツでは、学費無料、英語の授業、入試不要で大学への入学が可能です。教育水準が高く、日本や海外のトップ企業で働ける可能性も高まります。これらの特徴について詳しく説明します。
Article KnowledgeBase Illustration
海外大学留学先おすすめ ドイツ大学進学 

特徴1: 学費が無料

ドイツの大学は、そのほとんどが公立です。公立の大学は、学費が無料です。厳密に言うと、Baden-Würtemberg州のみ留学生は学費が掛かるのですが、その州でさえも年間19万円程度という、驚異の学費の安さです。参考までにアメリカ大学の学費は年間大体200~700万円です。これが一番の特徴と言えます。

なぜドイツ大学はそんなに安いの?裏があるのでは?と思われるかもしれませんが、ドイツは大学に限らず、公立は学費が無料となっており、教育に関する位置づけが高く、子供たちにはきちんとした学びの場を提供しようという考えが根付いている国です。従って、大学の学費も政府が負担してくれるので無料となるのは、ある種当たり前の感覚です。ヨーロッパの大学は学費が安い国が多いですが、ほとんどの場合、自国やEU圏内からの留学生に限定されていますので、その点でドイツは珍しい国です。

学費以外の費用が高いのでは?と心配される方も多いかもしれませんが、必要なのは年間2~4万円程度の管理費を大学に支払うのみです。管理費には、定期券や学生証の発行費用などが含まれていたりします。

その他、生活費が別途必要になる点はご留意ください。イギリス、アメリカ、日本に比べて物価が安いので、家賃も含めて年間130万円程度と考えると良いでしょう。

特徴2: ドイツの大学なのに授業は英語

ドイツ大学に進学するなら、ドイツ語が話せないといけないのでは?そう思って選択肢から外すのはもったいないです。なにしろドイツには全ての授業が英語で行われる専攻が、2000近くもあるのです!分野も幅広く、一般的な学部学科は全てカバーされています。ヨーロッパを中心に世界中から30万人以上の留学生がドイツの大学で学んでいるので、授業以外でも英語が飛び交う環境となり、英語力UPが期待できます。一般的に、ドイツ人は日本人と比べて圧倒的に英語力が高いので、現地の人ともコミュニケーションが取りやすいです。

せっかくならドイツ語も勉強したい!という方は、ドイツ語を学ぶ授業を用意している大学も多いので、他の留学生と一緒に授業を取ってみるのもおススメです。

特徴3: 教育に力を入れている

ドイツの大学は、世界的に見てもトップクラスの教育を誇ります。THE世界大学ランキング2022では、200位以内にドイツからは22大学がランクインしました。日本からは東京大学、京都大学の2大学のみです。

学費についての説明でも触れましたが、教育熱心な国であることが窺えます。

世界的にも評価が高い名門校は、社会科学に強いルートヴィヒ・マクシミリアン大学や、工学系最高峰のミュンヘン工科大学をはじめ、ハイデルベルク大学、フンボルト大学などがあります。

特徴4: 就活で有利になる大学進学先、留学先

就活で留学経験は評価されます。そのため、最近は留学経験者が急増しており、ある程度の企業に応募すると、周りの就活生は留学経験者であふれ返ります。ただ、それらの「留学経験者」のほとんどは、日本の大学や高校が提供する交換留学プログラムだったり、現地の語学学校に留学するといったもので、1か月程度しか滞在していません。長くて1年といったところです。そんな中で、「海外大学を卒業した」となると他の留学生とは明らかに別格として扱われます。旅行気分や、なんとなくで海外大学に進学する人はなかなかいないので。

世間では、いわゆる学歴フィルターが存在し、一定以上のレベルの大学を卒業していなければ、就活時に志望動機まで見てもらえないということが、残念ながら起こりえます。企業の人事は何千人、何万人もの志望動機を永遠に読んでられません。そこで、卒業大学に海外大学を記入すると、必ず目に留まります。英語圏に比べ、ドイツの大学に進学する日本人は少ないので、希少性が高く需要が高まります。近年、日本企業はどこも多様性を追求しており、バックグラウンドが異なる人材を欲しがっているので、なおさら需要が高まります。

特徴5: 海外で就職できる可能性が高まる

上では、日本での就職活動について触れましたが、日本にこだわる必要は全くありません。ドイツやヨーロッパで働けるチャンスが得られます。大学内で、就活の情報を集めているコミュニティ(サークルのようなもの)があり、そこからインターンの募集や、色々な企業が参加する説明会&懇親会イベントの情報などが得られるのも特徴です。

更に、その他の国でも働ける可能性が高まります。海外では日本の大学は東京大学、慶應義塾大学くらいしか知られてないのに対して、ドイツの大学は知名度も高く、アメリカなどでも適切に評価してもらえます。実際、卒業後にアメリカの企業に就職する人も少なくないです。

特徴6: 入学試験の受験不要

日本の大学受験といえば、入試に向けて猛勉強し、大学別に出題パターンを解析し、「受験テクニック」を身に着けるという特徴がありますが、ドイツでは、ほとんどの大学で、大学が用意するテストを受ける必要がありません。主に高校時代の成績が評価され、合否が決まります。

ただ、留意していただきたいのが、高校を卒業して直でドイツの大学に進学するには、日本の大学共通テストを受ける必要があります。大学共通テストにて62%以上得点できた科目に関連する専攻に出願する資格があります。

日本の大学を既に卒業された方や、在学中の方は、大学共通テストを受ける必要は無く、日本の大学と高校の成績が評価されて合否が決まります。

海外大学進学はメリットが多く、特にドイツ大学進学は、自信を持っておススメできます。皆さまにドイツでお会いできることを楽しみにしています!!

Facebook
Twitter
メール
印刷

目次

ドイツの大学に関する記事

ドイツの大学の奨学金

ドイツに大学留学するけど、奨学金って申請できる?どんな種類がある?条件は?そんな疑問にお答えします。また、留学生でも取得できる、それぞれの奨学金についてもご説明します。

続きを読む
ドイツのオンライン大学

ドイツのオンライン大学で、安く、英語で、パートタイムorフルタイムで学び、世界中の人と授業の課題に取り組みませんか?教育水準の高いドイツで学び、卒業後のキャリアアップを目指しましょう!

続きを読む
本当に”就職に強い”大学とは?

上位企業に応募する時、有名大学だと同じ大学から受けるライバルが何十人にもなり、多様性を重視する日本企業は同大学からの採用を絞ります。大学のレベルが低いと、学歴フィルターに引っ掛かります。これらの問題を解決する方法をご説明します。

続きを読む
転職に有利な資格とは?

多くのライバルが持つ資格ではなく、ユニークなスキル経験を持つ方が、多様性を求める日本企業からの需要が高いので、それを得る方法をご紹介します。これにより、レベルがより高く、より良い給料で働ける可能性を高めましょう。

続きを読む

疑問が残りますか?

チャンスを逃さず、専門家に聞きましょう

あなたや、あなたの将来にベストな道を、一緒に考えて行けることを楽しみにしています。

UniversityRequirementCheck

60秒のテストで、
ドイツ大学への出願要件を
満たしているか確認!

大川ゆきこ

大川ゆきこ

平均1時間以内の返信

I will be back soon

大川ゆきこ
ご訪問いただきありがとうございます。👋
ドイツの名門大学への入学をサポートさせていただきます!🎓
このチャンスをつかみ、メッセージください 🚀
Line お話しください!