ドイツ大学_英語力

ドイツの大学出願に必要な英語条件

英語で授業を受ける

英語資格は、英語で授業をするプログラム(専攻)の場合、必要となります。ドイツ語の授業の場合は、ドイツ語資格の条件があります。ドイツ語での授業をご希望の場合は、ドイツ語条件の記事をご覧ください。

英語資格の条件は、大学や専攻によって異なります。もっと言うと、いくつかの大学では、英語資格の証明が必要ありません。しかし、実際に英語で勉強を進めるとなると、ある程度の英語力は必要になります。授業についていくためには最低でも、B2レベルがあると良いです。

英語力が高いほど、出願できる大学の幅が広がりますが、そのレベル(スコア)の高低で、合格の確率が左右されることはほとんどないです。最低条件さえ達成できていれば良いので、スコアが良いからといって、有利になるということはあまりないです。大学によっては、スコアが良いとボーナスポイントを与えられる場合もありますが、ごく稀です。

英語力証明

ほとんどのプログラム(専攻)では、語学力のレベルを証明する必要があります。重要なのは、レベルだけではなく、認められる英語資格の種類も、大学によって異なります。しかし、IELTSとTOEFLはドイツのほぼ全ての大学で認められており、TOEICやケンブリッジは大学によって対応に差があり、英検はどの大学でも認められません。私たちはお客様に対して、IELTSかTOEFLを受験されることをお勧めしています。

IELTS

TOEFLと同様、IELTSは4つのカテゴリー(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)から構成されます。スコアは0から9までの範囲で、0.5刻みで判定されます。最終スコア(オーバーオール)は4カテゴリーの平均です。

出願できる大学の候補がいくつか出てくる最低スコア:5.5
多くの大学に出願できる一方、大学によっては出願できない場合もあるスコア:6.0
どの大学でも出願でき、出願先に制限がなくなるスコア:7

TOEFL

IELTSと同様、TOEFLは4つのカテゴリー(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)から構成されます。各カテゴリーにおいて、スコアが出され、最高スコアはそれぞれ30です。これらの合計スコアが最終的なスコアとなり、最高スコアは120です。

出願できる大学の候補がいくつか出てくる最低スコア:72
多くの大学に出願できる一方、大学によっては出願できない場合もあるスコア:87
どの大学でも出願でき、出願先に制限がなくなるスコア:100

IELTS vs TOEFL どっちが簡単?

どちらかが簡単ということはなく、どちらも同じカテゴリーをカバーしており、どちらが良いかはご自身の好みによります。

IELTSは短い文章での回答を多く求める一方、TOEFLは選択問題を多く出します。その他の違いは、IELTSは文法と、ボキャブラリーやロジカルな間違えを独立して評価しTOEFLは全て合わせて評価します。多くの受験生が一番の違いとして指摘するのは、TOEFLはスピーキングをコンピューターに向かってマイクで話すのに対し、IELTSは実際に人と会話をします。

試験自体の違いのほかに、特定の大学やプログラムによっても違いが出てきます。具体的に言うと、TOEFLの最低条件のスコアの方が、IELTSの最低条件のスコアよりも取りやすく容易であることや、その逆もあります。従って、先に志願先を絞り込み、その英語力必要最低条件を比べて、どちらの試験を受験するか決められる状況がベストです。

ご自身に適切な戦略を立て、合格の可能性を上げましょう!

私たちのサービス、「留学プランニング」では、ご自身に合った大学やプログラムを選んでご提案するだけでなく、合格率を上げるためのアドバイスや、英語力試験はどちらが良いかのアドバイスも含まれます。留学プランニングについてここから詳細を見てみましょう!

例外:英語力証明が不要な場合

ほとんどの方が、英語力の証明が必要になる一方、例外もございます。英語圏の高校や大学を卒業された場合、卒業証明があれば、追加での英語力証明は不要です。卒業証明書が必要な点はご注意ください。英語圏での短期留学、交換留学などは不十分です。

また、英語圏のパスポートをお持ちの方も、ほとんどの大学で、英語力を証明するには不十分と見なされ、英語力試験を受ける必要があります。

ドイツ大学留学に興味が湧いてきましたか?

オンライン無料相談で、ドイツ大学留学に必要な情報すべてを得ましょう!
ご自身の疑問やご質問にすべてお答えします!